原稿料未払いのまま…1回目に書いた会社がついに倒産した

公開日:

 原稿料を未払いにしていた会社が、倒産した。

 当連載の1回目で、私自身の身に起きた、昨年9月に出版された書籍の原稿料19万円を未払いにしたままの編集プロダクションの話を書いた。3月初旬には入金を督促する内容証明を送っている。

 ところが、内容証明を送った2週間後に、こんな電話がかかってきたのだ。

「会社に国税局の査察が入りまして。すべての資産が差し押さえられ、会社が倒産することになりました」

 したがって、「3月中には」と言っていた未払いの原稿料は、払えないという。それどころか、今後払われるのかどうかもわからないという状況になったのだ。

 その後、約20人の社員は解雇され、私のもとには弁護士事務所から「債権調査票」が届いた。この会社から未払いをくらっている場合はその詳細を書いて提出せよとのことだ。これを書いたところで、わずかでも支払われるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る