原稿料未払いのまま…1回目に書いた会社がついに倒産した

公開日:

 原稿料を未払いにしていた会社が、倒産した。

 当連載の1回目で、私自身の身に起きた、昨年9月に出版された書籍の原稿料19万円を未払いにしたままの編集プロダクションの話を書いた。3月初旬には入金を督促する内容証明を送っている。

 ところが、内容証明を送った2週間後に、こんな電話がかかってきたのだ。

「会社に国税局の査察が入りまして。すべての資産が差し押さえられ、会社が倒産することになりました」

 したがって、「3月中には」と言っていた未払いの原稿料は、払えないという。それどころか、今後払われるのかどうかもわからないという状況になったのだ。

 その後、約20人の社員は解雇され、私のもとには弁護士事務所から「債権調査票」が届いた。この会社から未払いをくらっている場合はその詳細を書いて提出せよとのことだ。これを書いたところで、わずかでも支払われるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る