原稿料未払いのまま…1回目に書いた会社がついに倒産した

公開日: 更新日:

 原稿料を未払いにしていた会社が、倒産した。

 当連載の1回目で、私自身の身に起きた、昨年9月に出版された書籍の原稿料19万円を未払いにしたままの編集プロダクションの話を書いた。3月初旬には入金を督促する内容証明を送っている。

 ところが、内容証明を送った2週間後に、こんな電話がかかってきたのだ。

「会社に国税局の査察が入りまして。すべての資産が差し押さえられ、会社が倒産することになりました」

 したがって、「3月中には」と言っていた未払いの原稿料は、払えないという。それどころか、今後払われるのかどうかもわからないという状況になったのだ。

 その後、約20人の社員は解雇され、私のもとには弁護士事務所から「債権調査票」が届いた。この会社から未払いをくらっている場合はその詳細を書いて提出せよとのことだ。これを書いたところで、わずかでも支払われるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る