• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原稿料未払いのまま…1回目に書いた会社がついに倒産した

 原稿料を未払いにしていた会社が、倒産した。

 当連載の1回目で、私自身の身に起きた、昨年9月に出版された書籍の原稿料19万円を未払いにしたままの編集プロダクションの話を書いた。3月初旬には入金を督促する内容証明を送っている。

 ところが、内容証明を送った2週間後に、こんな電話がかかってきたのだ。

「会社に国税局の査察が入りまして。すべての資産が差し押さえられ、会社が倒産することになりました」

 したがって、「3月中には」と言っていた未払いの原稿料は、払えないという。それどころか、今後払われるのかどうかもわからないという状況になったのだ。

 その後、約20人の社員は解雇され、私のもとには弁護士事務所から「債権調査票」が届いた。この会社から未払いをくらっている場合はその詳細を書いて提出せよとのことだ。これを書いたところで、わずかでも支払われるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る