横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

マツダ「アテンザ」6年で4回目"ビッグマイナーチェンジ"

公開日:

 モデルチェンジの間隔は4年に1度が常識だったが、最近は5~6年に延びている。中には、それ以上のロングセラーもある。この6月21日に新型が発売される、アテンザもそうだ。

 デビューは2012年だから、もう7年目。フルモデルチェンジされてもいい時期だが、今回は4回目のマイナーチェンジ(一部改良)だ。パッと見の外観デザインは、顔つきがちょっと精悍(せいかん)になり、鮮やかな新色が加わったのが目立つ程度。しかし、中身はフルモデルチェンジ並みに進化している。

 乗り心地や静粛性、操縦性のすべてを向上させるために、ボディーの基本骨格やサスペンションの構造まで見直した。

 2リットル、2・5リットルのガソリンと、2・2リットルのディーゼルエンジンも最新型で、走りも燃費も、グンと向上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る