横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

マツダ「アテンザ」6年で4回目"ビッグマイナーチェンジ"

公開日: 更新日:

 モデルチェンジの間隔は4年に1度が常識だったが、最近は5~6年に延びている。中には、それ以上のロングセラーもある。この6月21日に新型が発売される、アテンザもそうだ。

 デビューは2012年だから、もう7年目。フルモデルチェンジされてもいい時期だが、今回は4回目のマイナーチェンジ(一部改良)だ。パッと見の外観デザインは、顔つきがちょっと精悍(せいかん)になり、鮮やかな新色が加わったのが目立つ程度。しかし、中身はフルモデルチェンジ並みに進化している。

 乗り心地や静粛性、操縦性のすべてを向上させるために、ボディーの基本骨格やサスペンションの構造まで見直した。

 2リットル、2・5リットルのガソリンと、2・2リットルのディーゼルエンジンも最新型で、走りも燃費も、グンと向上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る