横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

日産「エクストレイル」幅広いニーズに対応する世界戦略SUV

公開日:

 クルマ選びのひとつの指標が、世界で長く売れていること。13年に現行型が登場したSUVのエクストレイルもそうだ。

 オフロードもガンガン走れるタフネスぶりでヒットした先代までと比べると、この3代目はルノーと共同開発したシャシーで、舗装路を快適に走れる乗用車テイストを強めている。デザインも流麗になった一方、アウトドアで使いやすい防水シートなど、初代以来の伝統も継承する。

 そうしたサジ加減が受けている。ローグなどの名で売られている米国や中国、オーストラリア、欧州など、幅広い国々で人気だ。

 登場から5年が経過してなお、毎年のように手を加えて進化させているのも世界戦略車らしいところ。昨年夏のマイナーチェンジでは、内外装の上質感をアップ。高速道路でアクセルとブレーキ、ハンドルをすべて自動制御する「プロパイロット」もオプション設定された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る