横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

日産「エクストレイル」幅広いニーズに対応する世界戦略SUV

公開日: 更新日:

 クルマ選びのひとつの指標が、世界で長く売れていること。13年に現行型が登場したSUVのエクストレイルもそうだ。

 オフロードもガンガン走れるタフネスぶりでヒットした先代までと比べると、この3代目はルノーと共同開発したシャシーで、舗装路を快適に走れる乗用車テイストを強めている。デザインも流麗になった一方、アウトドアで使いやすい防水シートなど、初代以来の伝統も継承する。

 そうしたサジ加減が受けている。ローグなどの名で売られている米国や中国、オーストラリア、欧州など、幅広い国々で人気だ。

 登場から5年が経過してなお、毎年のように手を加えて進化させているのも世界戦略車らしいところ。昨年夏のマイナーチェンジでは、内外装の上質感をアップ。高速道路でアクセルとブレーキ、ハンドルをすべて自動制御する「プロパイロット」もオプション設定された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る