横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

日産「エクストレイル」幅広いニーズに対応する世界戦略SUV

公開日: 更新日:

 クルマ選びのひとつの指標が、世界で長く売れていること。13年に現行型が登場したSUVのエクストレイルもそうだ。

 オフロードもガンガン走れるタフネスぶりでヒットした先代までと比べると、この3代目はルノーと共同開発したシャシーで、舗装路を快適に走れる乗用車テイストを強めている。デザインも流麗になった一方、アウトドアで使いやすい防水シートなど、初代以来の伝統も継承する。

 そうしたサジ加減が受けている。ローグなどの名で売られている米国や中国、オーストラリア、欧州など、幅広い国々で人気だ。

 登場から5年が経過してなお、毎年のように手を加えて進化させているのも世界戦略車らしいところ。昨年夏のマイナーチェンジでは、内外装の上質感をアップ。高速道路でアクセルとブレーキ、ハンドルをすべて自動制御する「プロパイロット」もオプション設定された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る