横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

トヨタ「アルファード」 CPも最高クラスの高級ミニバン

公開日:

 本当に欲しいモノは、たとえ高価でも手に入れるのが今どきの消費スタイルといわれる。昨年暮れにマイナーチェンジしたトヨタの最高級ミニバン、アルファード&ヴェルファイア兄弟の売れ行きは、そんな傾向を物語っている。

 安いグレードでも300万円台半ば、最上級グレードは700万円を軽く超える高価なクルマだが、発売後の3カ月で3・6万台を受注。小型車を押しのけて販売ベストテンに食い込む勢いだ。売れ筋は400万円台の中級グレードの2・5リットルガソリン車で、今注文しても納車まで4カ月待ちという。

 実物を見れば欲しくなる気持ちも分かる。全長4・9メートル、全幅1・85メートルの堂々たるサイズに、押し出し感のあるメッキのグリル。室内の広さはもちろん、7人乗りの2列目キャプテンシートは、飛行機ならファーストクラスのような高級感と居心地のよさだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る