横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【VWポロ】距離を乗るほどコスパが高い小型ドイツ車

公開日: 更新日:

 VW(フォルクスワーゲン)と聞いて多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、おなじみの「ゴルフ」だろう。しかし、この3月に6代目が上陸した、弟分「ポロ」もおすすめだ。

 歴代で初めて全幅が小型車枠を超えて3ナンバーになり、全長は4060ミリ。トヨタのハイブリッド車「アクア」とほぼ同じで、室内の広さは3世代前のゴルフと同等だ。全幅もゴルフより狭い1750ミリに抑えられているから、狭い駐車場でも困らない。

 何よりも、VWの伝統のガッチリとしたボディーは乗り心地が快適で、操縦性も安全性もハイレベル。新型はわずか1リットルの3気筒ターボエンジンながら、本国のアウトバーンでは時速150キロ以上で何時間も走り続ける実力だ。

 最高19・1キロの燃費は日本車と比べると驚かないが、ドイツ車はカタログの数字と実際の燃費の差が小さい。特に高速道路では、ハイブリッド車より低燃費なほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る