小島一慶さん<1>「いいアナウンサーを目指しなさい」と…

公開日:

 70年代は深夜ラジオが最も輝いていた時代。カメ&アンコーの「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)、みのもんたの「セイ!ヤング」(文化放送)、そして「パックインミュージック」(TBSラジオ)がしのぎを削っていた。今回登場するのは、そのパックで大活躍した小島一慶さん(73)だ。

 声は年を取らないといわれるが、小島さんほど変わらない人も珍しい。「やあ、やあ」とあの人懐こい笑顔で登場した小島さんだが、幼少期は貧しい家庭で、父親を知らずに育った。 

「母には『お父さんは戦争で死んだ』と告げられていましたが、そうじゃないことは幼心にも、うすうす感じてました。妻子ある男性との許されぬ仲でした。母は僕を育てるために外に働きに出て、僕は祖父母の元で育てられた。祖母がかわいがってくれたため寂しい思いこそしませんでしたが、祖父が大酒飲みで、事業に手を出しては事あるごとに失敗していた。もともとは満州でビアホールを経営していたやり手の実業家だったのに、戦争で全てを失った。傷心で引き揚げてきた先が、祖母の実家の長崎です。今にして思えば、祖父が自暴自棄になって酒に逃げた気持ちも分からなくもない。まあ、そんな家庭で育ちましたから、『将来は普通のサラリーマンにはなれないだろう……』と思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る