谷川真理さん<1>ツアコンになりたくて高卒後は専門学校へ

公開日: 更新日:

 1991年東京国際女子マラソン、94年パリマラソンでの優勝など、華々しい成績を残してきた。現在も現役のマラソンランナーとして、多くの人に走る楽しさを広めているが、マラソンを始めたきっかけはOL時代の昼休みに皇居ランナーを見かけたことだった。そこから世界のトップランナーにのし上がったというのだから異色の経歴である。いったい、どんな会社員人生を歩んできたのか。

 高校卒業後は「一橋スクールオブビズネス」という専門学校に入ったんです。当時はなんとなく「ツアーコンダクターをやりたいなぁ~」なんて考えていて。今はもうなくなりましたが、簿記や英会話など、さまざまな実務を学べる学校でしたね。

 高校は校則も厳しかったですし、入っていた陸上部の練習も厳しかったので、そんな縛られた世界から解き放たれたいなと思っていたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  7. 7

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る