吉田秀彦さん<1>明治大から新日鉄入社後すぐに五輪の合宿

公開日: 更新日:

 吉田秀彦さん(48)は、1992年のバルセロナ五輪、柔道78キロ級の金メダリスト。この大舞台でオール一本勝ちで頂点に上り詰め、その名を世界にとどろかせた。当時は、明治大学から新日鉄に入社したばかり。社会人1年生でもあった――。

「あの年は、4月に入社して、7月に試合(バルセロナ五輪)だったんです。オリンピックまでの間はほとんど合宿でした。入社後、会社に行ったのは、挨拶に顔を出したのと、社長や役員の皆さんに壮行会をしてもらった2日間だけだったと思います。

 入社してすぐ、五輪の最終選考会を兼ねた試合があって、いつになく緊張した覚えがあります。というのも、普通の社員は一日中働いて給料をもらうわけですが、“自分は給料をもらって柔道をさせてもらってる”――と、そう思ってた。だから、新日鉄という看板を背負って試合に出るからには、柔道でキチッと結果を出すしかないって。そういう意味では、学生時代よりずっと気合が入ってたかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る