三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

権力に近いヤツは逃げ切り現場だけが罪に問われる日本社会

公開日:

 第2次大戦のBC級戦犯として銃殺刑となった軍人の中に、片山日出雄さんという方がいた。東京外語大の英語学科を卒業後に学徒動員で駆り出された海軍大尉だ。

 この人が問われたのは、捕虜となったオーストラリア軍の飛行士4人を銃殺した罪。実は最初に捕まったのは、彼に捕虜の処刑を命じた彼の上官たちだった。ところが、彼らは全員しらを切った。そして「現場にいたのは片山だ」「片山が指示したんだろう」と居直ったんだ。

 彼らは片山さんがすでに亡くなっていると思っていて、死人に罪をかぶせようとしたのではないかという説もある。真相は分からない。ただ、日本では、上が逃げて下が罰せられるケースが珍しくないことは確かだろう。

 森友、加計の問題がそうだ。どこまで指示や命令があったのかは定かではない。ただ、安倍さんの側近が「総理のご意向だ」「官邸の最高レベルが言っている」と言ったのは、いくら否定したところで文書が残っている。安倍さんと加計さんが会って獣医学部のことを話したという愛媛県の文書も信頼に足るものだ。安倍さんの周囲でいろんな工作がされていた。それは多くの国民が信じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る