• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

知り合いの准教授は7倍の給料でサムスンに引き抜かれた

 人間は年を取ると冒険ができなくなる。

 以前に当欄で、樋口廣太郎さんと川淵三郎さんのことを取り上げたけど、お2人は、年を取られても情熱をなくさずチャレンジされた。

 樋口さんは住友銀行の副頭取だった60歳のとき、自らアサヒビールに転出されて中興の祖になられた。川淵さんは子会社への出向を命じられた51歳のときに、「これからはサッカーに力を入れよう」と決め、Jリーグを成功に導かれている。

 みなさんも年齢を理由に諦める必要はない。やる気があれば、いくつになってもやれるはずなんだ。

 ただ、ひらめきや柔軟な発想などは、やはり若いころの方が優れている。ノーベル賞を見ても、対象となる研究の成果は25歳くらいのときのものがほとんどだ。それまでの経験や技術を生かしながらのチャレンジは中高年の方が得意だろうが、混沌とした中から何かを生み出すのは、恐れを知らない若者に任せた方がいいかもしれないね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る