田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

69歳で死去するまで現役貫く 大山康晴十五世名人の思い出

公開日: 更新日:

 27年前の1992(平成4)年7月26日。大山康晴十五世名人が現役のA級棋士のまま69歳で死去した。

 大山は、60年代から70年代にかけてタイトルをほぼ独占して無敵だった。強靱な守りの将棋で相手を寄せ付けなかった。通算のタイトル獲得数は歴代2位の80期(名人18期、王将20期など)、名人・A級に連続44期在位、ほかに棋戦優勝が44回と、輝かしい実績を上げてきた。90年には最年長記録の66歳で、タイトル戦の挑戦者になった。

 大山は74年から89年まで、将棋連盟の会長など役員を長く務めていた。最大の功績は東西の将棋会館を建設したことで、その期間は先頭に立って募金活動に邁進した。

 このように盤上盤外で精力的に活動していた。90年には将棋界で初めて「文化功労者」として顕彰されてもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る