田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

大山康晴対加藤一二三 秒読み中のトイレが流れを変えた

公開日: 更新日:

 棋士は対局中にペットボトルなどの飲み物を頻繁にとる。頭を酷使したり緊張感が高まると喉が渇くからだ。必然的に小用をよく催すことになる。トイレに行くために席を立つのは自由で、自分の手番だと持ち時間がその分だけ減る。

 対局者がトイレに行くのは、生理的な理由だけではない。閉ざされた空間は、自分の内面に向き合うのにうってつけなのだ。高ぶった気持ちを静めたり、「頑張るぞ」と独り言を吐いて戦意を鼓舞させることがある。また、勝利を確信したとき、逆に敗北を覚悟したなど、気持ちを整理する場にもなる。

 このようにトイレに行く行為は、一局の勝負の流れにおいて、何かと重要な節目になっている。

 局面が終盤に進んで持ち時間が少なくなってくると、対局者は残り時間があるうちに小用を済ませておく。1分将棋の秒読みに追われると、その余裕がなくなるからだ。しかし、戦いがもつれて長手数に延びると、生理面は深刻な問題となる。我慢にも限界がある……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る