米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】老親が熟年離婚・再婚…子供が備えるべきこととは?

公開日: 更新日:

 最近、「結婚した3組に1組は離婚している」という言葉をよく聞きます。離婚が増えているという印象を持っている方も多いと思いますが、実はピークは2002年。恐らく景気の影響で、近年の離婚件数・離婚率は減少傾向にあります。

 現在65歳となった世代で、一度結婚した人が生涯に離婚する割合である累積離婚率はおおむね20%。基本的には20~30代で離婚し、50代以降の離婚はまれです。現在、有配偶者1000人当たりの年間離婚者数は20~24歳で50人程度で、30~34歳で14人と3分の1に減り、65歳以降は1人弱に激減します。「熟年離婚」は思われているほど多くありません。

 しかし、それでも70歳以上の離婚数は、ここ10年でおおむね2倍に増えています。1000人に1人弱は多いとはいえませんが、70~75歳の方が交通事故を含めた不慮の事故で亡くなる死亡率が同程度ですので、自分の親が熟年離婚することについて、一定の心積もりは必要です。家族として長い時間を過ごした後の親の離婚は、大人になった子にとってもショックですが、その年になっての離婚原因の多くは、積年の性格の不一致か、積年の異性関係です。離婚を望む側の決意が固ければ、子の説得で押しとどめるのは極めて困難といえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る