ヒアリ侵入も対策せず…大量繁殖で東京五輪が“潰される”?

公開日: 更新日:

 “殺人アリ”の再来か――。強い毒性を持つ特定外来生物ヒアリが今月上旬、東京港青海ふ頭で見つかった問題。環境省や都が防除に取り組んでいるが、懸念されるのは来年の東京五輪だ。

 ヒアリに刺されると焼けるような痛みを感じ、膿やかゆみが生じるという。最悪の場合、強いアレルギー反応による「アナフィラキシーショック」で死に至る場合があるというから恐ろしい。

 環境省によると、今月7日、青海ふ頭のコンテナヤードで数十匹のヒアリを発見。その後、巣(コロニー)や羽のついた女王アリ50匹以上を確認し、働きアリ750匹、女王アリ56匹、雄アリ2匹、幼虫10匹を駆除した。

「今回見つかったヒアリは、状況証拠からすると中国や台湾から届いた貨物に紛れていたと推測されます。繁殖可能な女王アリが飛び立った可能性があるため、発見場所から半径2キロを目安に調査をしています」(環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る