ヒアリ列島パニック…“殺人アリ”は今も毎月入港している

公開日:

「殺人アリ」とも呼ばれる南米原産のヒアリ。毒針で刺されるとアナフィラキシーショックで死ぬこともあるからだ。

 国内で初めて発見されたのは5月26日のこと。兵庫県尼崎市で、中国・広東省から貨物船で運ばれたコンテナから積み荷を取り出す際に、ヒアリのコロニーが見つかった。それ以降、愛知、大阪、東京、神奈川、福岡と各地で相次いで発見され、列島はパニック……だったが、いつの間にか話題から消えている。一体どうなっているのか。

 環境省によると、ヒアリは今も発見され続けていた! 10月に3事例、11月にも4事例と毎月コンスタントに“入港”中だ。12月6日時点で12都府県、計26事例が確認されているという。

 直近では11月22日、広島県呉市で、中国・中山港から貨物船で運ばれたコンテナの積み荷から、計8個体の死骸が確認された。周辺のモニタリング調査や2キロ調査を実施中というから、まさに現在進行形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る