ヒアリ列島パニック…“殺人アリ”は今も毎月入港している

公開日:

「殺人アリ」とも呼ばれる南米原産のヒアリ。毒針で刺されるとアナフィラキシーショックで死ぬこともあるからだ。

 国内で初めて発見されたのは5月26日のこと。兵庫県尼崎市で、中国・広東省から貨物船で運ばれたコンテナから積み荷を取り出す際に、ヒアリのコロニーが見つかった。それ以降、愛知、大阪、東京、神奈川、福岡と各地で相次いで発見され、列島はパニック……だったが、いつの間にか話題から消えている。一体どうなっているのか。

 環境省によると、ヒアリは今も発見され続けていた! 10月に3事例、11月にも4事例と毎月コンスタントに“入港”中だ。12月6日時点で12都府県、計26事例が確認されているという。

 直近では11月22日、広島県呉市で、中国・中山港から貨物船で運ばれたコンテナの積み荷から、計8個体の死骸が確認された。周辺のモニタリング調査や2キロ調査を実施中というから、まさに現在進行形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る