日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヒアリ列島パニック…“殺人アリ”は今も毎月入港している

「殺人アリ」とも呼ばれる南米原産のヒアリ。毒針で刺されるとアナフィラキシーショックで死ぬこともあるからだ。

 国内で初めて発見されたのは5月26日のこと。兵庫県尼崎市で、中国・広東省から貨物船で運ばれたコンテナから積み荷を取り出す際に、ヒアリのコロニーが見つかった。それ以降、愛知、大阪、東京、神奈川、福岡と各地で相次いで発見され、列島はパニック……だったが、いつの間にか話題から消えている。一体どうなっているのか。

 環境省によると、ヒアリは今も発見され続けていた! 10月に3事例、11月にも4事例と毎月コンスタントに“入港”中だ。12月6日時点で12都府県、計26事例が確認されているという。

 直近では11月22日、広島県呉市で、中国・中山港から貨物船で運ばれたコンテナの積み荷から、計8個体の死骸が確認された。周辺のモニタリング調査や2キロ調査を実施中というから、まさに現在進行形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事