矢島光さん<3>8cmのハイヒールで気持ちを奮い立たせて出社

公開日: 更新日:

 サイバーエージェントの同僚や先輩を「キラキラした人たち」と表現するが、矢島さん本人はどんな社員だったのか。

「たまに遅刻しましたけど、大筋はマジメでしたよ。注意を受けたことはありません。でも、生意気でもありました(笑い)。周りが昇進しながら、私だけしなかったときは、上司に直談判しに行ったりしたので」

 そんな気の強さを見せる半面、悔し涙を流したことは一度や二度ではなかったそうだ。

「新卒女子だから、ベテラン男性社員にナメられたり、プロデューサーに私のアイデアを雑に扱われたり……。トイレにこもってよく泣いていました」

 そんな経験が生きた。退職後にウェブマガジン「ROLA」(新潮社)で連載した「彼女のいる彼氏」に、当時のエピソードが盛り込まれることに。IT企業のリアルな職場環境、人間関係、言葉のやりとりが生き生きと描かれ、20~30代女性たちの共感を呼んだ。その作品のテーマは、オフィスラブだが、恋愛もしていたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る