矢島光さん<1>異例の厚遇で入社したサイバーエージェント

公開日: 更新日:

 小学3年生のころからの夢をかなえて漫画家として活躍する矢島光さんは、2015年からの初連載「彼女のいる彼氏」(新潮社)でアラサー女子のリアルな日常を描いて注目される。昨年は「バトンの星」(集英社)でヒットを飛ばし、今はこれからスタートする連載に向けて忙しい毎日を送っている。そんな人気漫画家は12年に慶応義塾大環境情報学部を卒業すると、IT大手サイバーエージェントに入社。最先端企業からの転身の裏側には、何があったのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る