犬山紙子さん<3>月に1週間~10日は介護の息抜きで東京へ

公開日: 更新日:

 仙台の出版社に入って1年半、新卒ながらデスク業務をこなすなど編集者として忙しい毎日を送っていたが、徹夜続きの働き方には疑問を抱き始めていた。

 同時に母親の病気が進行し、おもに介護を担ってきた祖母の体力も限界に近づいていた。犬山さんは、仕事と家庭の両立が厳しいと感じるようになり、ついに退職を決意する。

「仕事って、やりがいや好きであることが続けられる大前提です。でも、それだけじゃダメなんだなって分かりました。体も悲鳴を上げていましたし、未練はありませんでしたね。スパッと辞められました」

 介護を続けながらでもやれる仕事を探したが、結局、ファッション関連の仕事に就くのと同じぐらい夢見ていた漫画家を目指すことにした。子どもの頃から読んでいたし、イラストだって描いていた。毎日、母親を自宅で介護しながら、ヘルパーさんが訪問する夕方の3時間だけは車で近所の喫茶店に向かい、原稿を執筆する生活を送るようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る