奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

食肉だけじゃない ホルモン入り米国牛乳と乳製品の危険性

公開日: 更新日:

 米国では牛だけでなく、鶏や豚にも肥育ホルモンが使われている。日本が輸入する米国産の豚肉は27万トン(2016年)だから影響は少なくないだろう。

 なぜ安易に使われているかというと、「肥育用ホルモン剤の残留による人体への影響はまったくない」と、米国政府がお墨付きを与えているからだ。しかし、肥育ホルモンが安全か危険かなんて、誰も断定できっこない。なぜなら、人間に長期間食わせることは倫理的にも不可能だからだ。ただ政府がいくら安全といっても、肥育ホルモン全盛の米国でも「ホルモンフリー(肥育ホルモン不使用)」のラベルがついた牛肉が飛ぶように売れているのだから、国民の多くはその危険性を感じているのだろう。

 米国の肥育ホルモンは食肉だけにとどまらない。実は、乳牛にも似たホルモンが使われている。それが遺伝子組み換えで大量生産された牛成長ホルモン(γBGH)だ。乳は血液からつくられるから、当然、この牛乳はこのホルモンに汚染される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  8. 8

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る