原則出張禁止に在宅勤務継続…感染拡大で企業は対応に苦慮

公開日: 更新日:

 東京都など首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染者が再び増加傾向を示し、企業は対応に苦慮している。政府が緊急事態宣言を全面解除して以来、段階的に経済活動を再開してきたが、感染症と共存する「ウィズコロナ」時代の働き方は、なお手探りだ。

 先月、都道府県をまたいだ移動制限が全国的に解除されたことを受け、一部企業は国内出張について必要性を見極めつつ徐々に容認してきた。ただ、東京で感染者が増え始めたのを受け、パナソニックは3日、首都圏との人の往来を最小限にすることを社内で通知。ソニーは6月末から国内出張の禁止を緩和したが「引き続きリモート会議を推奨している」という。原則出張禁止を続ける企業も多い。

■社外との会食は上司の許可

「夜の街」での感染拡大で、社用の会食にも警戒感が強まっている。ニコンは6日、会食を控えることに加え、クラスターが懸念される地域に立ち入らないようにも通知した。LIXILグループも社外との会食には上司の許可を得て参加するよう変更し、参加も1次会までとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る