無能政府が「Go To」強行…海外旅行はいつから現実的に?

公開日: 更新日:

 今月22日から「Go To キャンペーン」が実施される。まずは国内観光需要の喚起を目指しているが、海外も順次、日本人を含む渡航自粛の一部解除を表明している。今はあまりおすすめはできないが、どんな国が誘致を始めているかは気になるところだ。

  ◇  ◇  ◇

 先週10日、英国政府は水際対策として入国者に義務づけてきた2週間の自己隔離措置を解除した。今月からパブやレストランの営業が開始されたのが理由で、世界59の国や地域を対象に日本人も到着後、自由に行動できるようになった。

 フランス政府も今月から欧州以外の日本を含む13カ国からの入国者の行動制限を解いた。現在、日本航空は羽田―パリ直行便を週2便で再開している。

 特に、観光業が主要産業のリゾート地は夏休みを前に続々と旅行者の受け入れを表明している。新婚旅行先としても人気のモルディブも15日に、日本人を含む世界各国からの受け入れを再開する。

 モルディブは、インドとスリランカの南西に位置しており、1190の島からなるインド洋の島国だ。驚くことに、旅行者が新型コロナウイルスの陰性証明書やPCR検査の結果を求められることさえないという。症状がなければ、検疫の必要もない。

「最初にリゾート島、住民が住んでいない島にあるホテルの営業を再開します。一方、マーケットなどが揃い、人口密度の高い首都マレ島は解除がまだ先になります。ただ、モルディブの旅は、ワンアイランドの滞在で十分楽しめます。特にリゾート島は水上コテージの滞在がスタンダード。ビーチ遊びやダイビング、シュノーケルなど屋外アクティビティーが中心ですから、旅行者同士の距離も保てます」(モルディブ政府観光局担当者)

 条件は、モルディブ観光省が認定する宿泊施設への事前予約と、乗り継ぎ以外は、宿泊は1カ所にまとめることだ。

「とはいえ、日本人観光客のハードルは高いです。ベストシーズンは乾季の11月。この時期になれば、毎日晴れていますから、状況が改善したらモルディブを候補にしてほしいですね」(前出の政府観光局担当者)

大手旅行会社のツアー、10月以降はちらほら埋まる

 日本人の年間旅行者数約150万人のハワイでも、8月1日に入国が緩和される。すでにレストランや天文台、人気ホテル「ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチ・リゾート&スパ」やショッピングセンター「アラモアナセンター」などは営業中だ。

 条件は、出発する前の72時間以内にPCR検査を行うこと。陰性であることの証明を提示すれば、14日間の自己隔離が免除される。

 空港に到着後は、検温し、38度未満で症状がなければ書類に住所などを記入するだけで、それ以上の行動の制限はない。大手旅行各社のHP上にはハワイ旅行のツアーが組まれていて、10、11月以降は空席待ちもちらほらみられる。ほかにタイやグアムなども、「残席わずか」「オンライン受付終了」の文字が並んでいる。

 阪急交通社は、8月31日出発まで海外ツアーを中止。JTBは、外務省の危険情報レベルを基に催行判断し、“レベル2以上の場合、原則催行中止”としている。

「8月末出発まですべての国や地域で催行中止にしております。現状、9月出発以降の海外旅行はすべての商品が申し込みできますが、やはりまだ申し込みが殺到しているという状況ではありません。今後の状況次第では催行中止の期間が延長となることもあります」(JTB広報担当者)

 インドネシア・バリ島も、9月11日に海外からの観光客を受け入れる。

 ちなみに、高級リゾートのカンクン(メキシコ)も渡航は可能。メキシコは日本からの入国制限や自主隔離も強制されていない。ただし、感染者数は多いので、米国経由は不可。メキシコシティーかトロント(カナダ)経由の飛行機なら移動は可能だ。

「自主待機解除の見通しはたっていない」

 こうしてみると、順調に感染拡大が減っていけば、秋以降には一部の国や地域で海外旅行が現実的になるのだろうか――。

 もっとも、外務省のHPでは多くの国や地域で「感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)」のまま(13日現在)。問題なく旅行ができるのは、レベル1に下がり、日本帰国後14日間の隔離が解除されることが条件だ。

「検疫でのPCR検査、14日間の自主待機の解除の見通しは、当面たっていません」(海外安全相談班担当者)

 そもそも、1週間海外に行けたところで、2週間の自宅待機はキツい。現実的にも、普通のサラリーマンには難しいだろう。今は渡航先を探しながら、安心して出掛けられる日を楽しみに待ちたい。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  9. 9

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る