“これぞ典型的な猫”という光景をツイートしたら急拡散し…

公開日: 更新日:

 英ロンドンに住む男性が散歩中、ある家のドアの前で猫がたたずんでいるのを発見。「中に入れないのか?」と思いドアに近づくと張り紙が。こう書かれていた。

「どうか猫の代わりにドアベルを鳴らしたりノックしたりしないでください。この子にはサイドドアに専用の出入口があり、そのことがよく分かっています」

 これを読んだ男性は、「この子はここにいるのが好きなだけか。俺と同じことを考えてベルを鳴らすヤツが多いみたいだな」と思わずニヤリ。

「HPファッククラフト」というユーザーネームでツイッターを利用している男性は、日本時間で1月14日、「今日の散歩での最高の出来事を忘れてた。飼い主はウンザリしてるんだな」というツイートとともに、猫と張り紙の写真を投稿した。

 シレッとした猫の様子と、飼い主の体験を推測させる張り紙は、愛猫家にバカ受け。みんな猫に振り回されるのが大好きなようで、「典型的。猫ってこういうもんなんだよな」「私は猫がドアの近くで入ろうかな、やめようかな、みたいに迷っているのを見るのが好き」などなど1700以上のコメントが殺到した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る