菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言の再発令から1週間が過ぎたが、新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えない。そうした中、菅首相が16日に公邸で会った人物が話題だ。「神の手を持つ医師」とも呼ばれる東京慈恵会医科大の大木隆生教授(血管外科)。対コロナ院長特別補佐などを兼任する一方、過去に関連団体で約9000万円の所得隠しが発覚し、修正申告している。

 会談を終えた大木教授は報道陣に対し、人材や病床確保のために医療機関に財政支援し、医師や看護師などの処遇を大幅に向上させるべきだと伝えたと説明。

■菅首相が「久しぶりに明るい話」と

「医療崩壊という言葉が盛んに言われているが、97%、96%のベッドがコロナに使われず、一般の医療に使われており、余力が日本にはある。民間病院が商売として<コロナをやりたい>と思うぐらいのインセンティブをつければ医療体制は瞬く間に強化される。菅総理は<久しぶりに明るい話を聞いた>と言っていた」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

もっと見る