菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

公開日: 更新日:

 もはや、頭の中は外遊でいっぱい。心ここにあらずなのだろう。

 14日の参院本会議で、新型コロナウイルスの感染状況について「現時点で全国的な大きなうねりとまではなっていない」などと珍答弁した菅義偉首相のことだ。

 菅首相は「関西圏など特定の地域を中心に急速に感染拡大が進んでいる状況にあり、政府としては強い警戒感を持って対応すべき状況にあると考えている」とも言っていたが、相変わらず、いつまでに具体的に何をするのか――という内容には触れずじまい。まるで他人事だったから呆れるばかりだ。

 菅首相は「大きなうねりとまではなっていない」と言っていたが、この日の衆院内閣委に出席した政府分科会の尾身茂会長は「いわゆる第4波と言って差し支えないと思う」と答えている。そして現在、東京など6都府県に発出している「まん延防止等重点措置」の追加適用の是非についても、「極めて迅速に機動的に出す必要がある時期に来ている」と強い危機感を示していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る