ワンちゃんやネコちゃんの歯石除去、歯周ポケット治療は麻酔ナシでできる可能性が

公開日: 更新日:

 ワンちゃんもネコちゃんも、シニアになると歯のトラブルが増えます。先日、ウチのスタッフが友人から相談を受けたのも、歯周病に関するものでした。ザックリと内容をまとめてみると、以下の通りです。

 ワンちゃんは15歳。ヒトだと80歳くらいの高齢です。歯石の付着がひどく、細菌が増殖。咳やくしゃみをすると痛がって鳴くそうです。それで動物病院を受診すると、その獣医師の説明は麻酔で抜歯する手術の一択でした。痛みの原因は歯周病によって増殖した細菌と炎症によるもので、これを放置すると、衰弱死する、というもの。もっともらしいことを言ってはいますが、私にはちょっと理解できません。

 別の12歳のワンちゃんは、トリミングサロンを利用していたところ、歯が欠けていることを指摘され、歯科に強い動物病院を紹介されたそうです。

 そこでも、最悪の場合の危険性をあおるばかりで、治療は麻酔下での抜歯手術一択。予定される麻酔は3時間だったといいます。これもヒトでは70歳ですから、いかがなものか。

 後者の例では、白内障もあり視野が狭く、怖がりな性格。口の中を診察しようとすると、かなり攻撃的になります。このケースでは、きちんと治療ができず麻酔が必要ですが、それでも3時間は長い。30分程度で済ますことが可能です。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差