犬や猫の糖尿病は1型と決めつけず、インスリン投与量を調整する

公開日: 更新日:

 生活習慣病で悩むヒトが増えているように、生活習慣病を患うペットも増えています。先日、飼い主さんが連れて来られた10歳のワンちゃんもそうでした。

「水をガブ飲みして、すぐオシッコするんです」

 この連載でも紹介した多飲多尿の症状で考えられる病気はいくつかありますが、糖尿病もその一つ。小型犬で下腹部が膨れていたこともあり、内分泌系のトラブルも考慮して血液検査をすると、コレステロール値と血糖値が検査限界を振り切れていました。脂質の異常については確定でも、糖尿病についてはまだ確定ではありません。

 糖尿病には、インスリンが完全に分泌されない1型と、その分泌が不十分だったり効きにくくなったりする2型があります。いずれか判断するためです。

 ネット情報だけでなく、専門誌にも、ワンちゃんやネコちゃんの糖尿病は1型が多い、ほとんどが1型と記されていて、すぐにインスリン療法に取り掛かるケースが多いように思われます。ところが、私の臨床経験からは2型も意外と少なくありません。受診時に一時的にインスリン分泌が不十分でも、その後、分泌が十分に改善されることもあります。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント