画像付き警告表示 財務省調査では「現状が適当」が65%

公開日:  更新日:

 たばこの警告表示に関しては、もうひとつ興味深い調査結果が明らかになっている。表示の見直しを検討している財務省が、今年4月に行ったインターネット・アンケート調査だ。喫煙者と昨年4月以降に喫煙をやめた人、あわせて3447人から回答を得た。

 喫煙状況からたばこの広告の注意文言閲読状況まで質問は全部で26項目。その中からいくつかをピックアップしてみよう。

Q8 注意文言の表示面積
「適当な大きさだと思う」………………………………65.2%

Q9 注意文言の文字の大きさ
「適当な大きさだと思う」………………………………65.1%

Q10 喫煙が健康に及ぼす悪影響を正しく、分かりやすく伝えているか
「よく伝えている」「伝えている」………………合計77.1%

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る