• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たばこパッケージ警告 “画像付き”に賛成7割は民意なのか

 5月31日の世界禁煙デー、その後の禁煙週間にあわせて、受動喫煙の被害やたばこの警告表示に関する報道が相次いだ。国立がん研究センターが発表した「たばこパッケージの警告表示について意識調査」結果もそのひとつ。健康被害を表示する手法として、画像付き警告表示に多くの賛同が得られたという。こういう“世論”を受けて、警告表示義務の強化など規制が広がるのは目に見えているが、ひとつの調査結果が独り歩きすることは問題が多い。

 この調査は「たばこの警告表示について、国民の意識や認識の把握を目的」に行われたインターネット・アンケート調査で、回答者は2440人(未成年者440人を含む)。

 警告表示の内容についてさまざまなサンプルを示したうえで「読むと思う順に答えてください」「不快に感じ、不適切と思うものはあるか」などと質問。さらに、「警告表示の面積割合を(現行の30%から)50%にする」「大きな字でシンプルな文言にする」「画像付き警告表示導入」について、賛否を尋ねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る