たばこパッケージ警告 “画像付き”に賛成7割は民意なのか

公開日: 更新日:

 5月31日の世界禁煙デー、その後の禁煙週間にあわせて、受動喫煙の被害やたばこの警告表示に関する報道が相次いだ。国立がん研究センターが発表した「たばこパッケージの警告表示について意識調査」結果もそのひとつ。健康被害を表示する手法として、画像付き警告表示に多くの賛同が得られたという。こういう“世論”を受けて、警告表示義務の強化など規制が広がるのは目に見えているが、ひとつの調査結果が独り歩きすることは問題が多い。

 この調査は「たばこの警告表示について、国民の意識や認識の把握を目的」に行われたインターネット・アンケート調査で、回答者は2440人(未成年者440人を含む)。

 警告表示の内容についてさまざまなサンプルを示したうえで「読むと思う順に答えてください」「不快に感じ、不適切と思うものはあるか」などと質問。さらに、「警告表示の面積割合を(現行の30%から)50%にする」「大きな字でシンプルな文言にする」「画像付き警告表示導入」について、賛否を尋ねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る