たばこパッケージ警告 “画像付き”に賛成7割は民意なのか

公開日:  更新日:

 5月31日の世界禁煙デー、その後の禁煙週間にあわせて、受動喫煙の被害やたばこの警告表示に関する報道が相次いだ。国立がん研究センターが発表した「たばこパッケージの警告表示について意識調査」結果もそのひとつ。健康被害を表示する手法として、画像付き警告表示に多くの賛同が得られたという。こういう“世論”を受けて、警告表示義務の強化など規制が広がるのは目に見えているが、ひとつの調査結果が独り歩きすることは問題が多い。

 この調査は「たばこの警告表示について、国民の意識や認識の把握を目的」に行われたインターネット・アンケート調査で、回答者は2440人(未成年者440人を含む)。

 警告表示の内容についてさまざまなサンプルを示したうえで「読むと思う順に答えてください」「不快に感じ、不適切と思うものはあるか」などと質問。さらに、「警告表示の面積割合を(現行の30%から)50%にする」「大きな字でシンプルな文言にする」「画像付き警告表示導入」について、賛否を尋ねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る