• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「米国ではたばこ農家の子どもがいじめにあっています」

 全国有数の葉たばこ生産地・岩手では最盛期の昭和40年代には2万6000人が葉たばこ生産に従事していた。しかし、喫煙人口の減少、東日本大震災、相次ぐたばこ値上げなどで生産従事者は激減。平成28年の農家数は1109戸になってしまった。耕作面積も昭和52年に5261ヘクタールだったのが、平成22年には1373ヘクタール、平成28年には868ヘクタールにまで減少している。

 それでもなお、岩手県では基幹作物である。耕作組合関係者は作業の省力化や規模拡大などで生産環境の維持・好転を図る一方、海外へも研修にも出かけ、最新の生産技術習得に努めている。

 岩手県たばこ耕作組合の滝沢正一組合長(写真)は昨年9月、米国に研修に出かけ、大規模生産の現場を視察してきた。ノースカロライナ大学やケンタッキー大学で収穫の機械化や技術研究が行われていたという。その視察地で気になることがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る