「米国ではたばこ農家の子どもがいじめにあっています」

公開日:

 全国有数の葉たばこ生産地・岩手では最盛期の昭和40年代には2万6000人が葉たばこ生産に従事していた。しかし、喫煙人口の減少、東日本大震災、相次ぐたばこ値上げなどで生産従事者は激減。平成28年の農家数は1109戸になってしまった。耕作面積も昭和52年に5261ヘクタールだったのが、平成22年には1373ヘクタール、平成28年には868ヘクタールにまで減少している。

 それでもなお、岩手県では基幹作物である。耕作組合関係者は作業の省力化や規模拡大などで生産環境の維持・好転を図る一方、海外へも研修にも出かけ、最新の生産技術習得に努めている。

 岩手県たばこ耕作組合の滝沢正一組合長(写真)は昨年9月、米国に研修に出かけ、大規模生産の現場を視察してきた。ノースカロライナ大学やケンタッキー大学で収穫の機械化や技術研究が行われていたという。その視察地で気になることがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る