全国有数の葉たばこ生産地岩手県議会が意見書提出

公開日:

 厚生労働省が進める受動喫煙防止強化のための法規制(健康増進法改正案)に、葉たばこの生産地から困惑と反発の声が上がっている。全国第3位の販売実績(約44億円=平成27年度)を誇る岩手県では、昨年12月、県議会が規制強化に配慮を求める意見書を提出した。このなかで葉たばこ産業の現状についてこう触れている。

「厚生労働省から公表された(受動喫煙防止対策強化の)内容は、たばこ耕作組合及びたばこ販売協同組合等がこれまで推進してきた取り組みが無駄になるような厳格な規制を設定しており、大きな懸念を抱いている」

「岩手県の葉たばこ耕作は、地域農業を支える重要な基幹作物であり、葉たばこ耕作農家は自信と誇りを持って良質葉生産に取り組んでいる」

「たたき台による措置が導入されれば、さらに喫煙機会が減少し、結果として消費本数の減少が進むことは明らかであり、葉たばこ耕作農家及びたばこ販売店に多大な影響を及ぼすことが懸念される」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る