葉たばこ 過去に3年連続生産日本一に輝いた二戸市の分煙対策

公開日:

 盛岡を後にして、第三セクターのいわて銀河鉄道に乗り県北の二戸市に向かう。

 二戸市は日本有数の葉たばこ産地・岩手でも、とりわけ生産が盛んな土地で、昭和20年から栽培が始まった。この地の農家は夏場、太平洋側から吹き付ける冷たい風「やませ」による冷害に苦しめられていたが、葉たばこは稲作に比べやませの影響を受けにくく、地域の経済を支える基幹作物となっていった。平成18年には、作付面積596ヘクタール、販売額27億2500万円となって日本一を達成。以後、平成20年まで3年連続で日本一の座を守った。日本を代表する「たばこの町」である。

 駅から車で10分ほどの高台に4階建ての市役所(写真)が立ち、庁舎の1階には2カ所の喫煙所が設置されている。この自治体には全国でも珍しい「二戸市議会愛煙会」がある。平成20年に結成され、現在、18人の市議のうち14人が会員だ。創設メンバーで初代会長の鈴木忠幸市議に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る