玄関口「グランフロント大阪」で進む分煙環境整備

公開日: 更新日:

 インバウンド増加と再開発で大阪の街が活気づいている。JR大阪駅北口(うめきた地区)で進む再開発で一帯の表情は一変した。2013年に「グランフロント大阪」が開業し、1日約15万人が訪れる。難波はアジアを中心とするインバウンドの人気スポットで、たこ焼き屋の前は長蛇の列。道頓堀界隈は日本人とインバウンドが入り交じり、活況を呈している。商業地の地価が急上昇するのも当然だろう。かつての地盤沈下が嘘のようだ。

 そんな大阪の街の分煙状況、受動喫煙対策はどうなっているのか。まずは玄関口・グランフロント大阪を訪ねた。ファッション、雑貨、カフェ、レストラン、バーなど266の店舗が揃う国内最大級のショッピングタウンには全部で10カ所の喫煙所(喫煙室)がある。飲食店が集まるゾーンにはもれなく設置されている。運営会社・阪急阪神ビルマネジメントの担当者に開業以来の対策について聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る