玄関口「グランフロント大阪」で進む分煙環境整備

公開日: 更新日:

 インバウンド増加と再開発で大阪の街が活気づいている。JR大阪駅北口(うめきた地区)で進む再開発で一帯の表情は一変した。2013年に「グランフロント大阪」が開業し、1日約15万人が訪れる。難波はアジアを中心とするインバウンドの人気スポットで、たこ焼き屋の前は長蛇の列。道頓堀界隈は日本人とインバウンドが入り交じり、活況を呈している。商業地の地価が急上昇するのも当然だろう。かつての地盤沈下が嘘のようだ。

 そんな大阪の街の分煙状況、受動喫煙対策はどうなっているのか。まずは玄関口・グランフロント大阪を訪ねた。ファッション、雑貨、カフェ、レストラン、バーなど266の店舗が揃う国内最大級のショッピングタウンには全部で10カ所の喫煙所(喫煙室)がある。飲食店が集まるゾーンにはもれなく設置されている。運営会社・阪急阪神ビルマネジメントの担当者に開業以来の対策について聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る