屋内禁煙で危機に陥るのは飲食店だけじゃない

公開日:

 健康増進法改正案をめぐる修正議論では、喫煙可能とする飲食店の規模ばかりが焦点となっている。サービス業に関してはひとくくりで一律「原則建物内禁煙」で、見直しの機運もない。

 こうした状況に危機感を強めているのが、小規模営業の店舗が多い麻雀業界だ。麻雀店舗は全国に9626店舗(許可店舗数)あり、業界規模は520億円、遊技人口は約600万人とされる(2015年データ)。サラリーマンや高齢者らの憩いの場となっているのだ。厚労省案では「屋内禁煙」(喫煙専用室設置可)となっていて、特例措置はない。

 全国麻雀業組合総連合会がこのほどまとめた「受動喫煙防止対策が麻雀店営業に及ぼす影響についての調査」(対象は全国の600店舗)によると、1店舗当たりの平均卓数は8・6卓で営業面積にすると50~70平方メートルと小規模だ。最大の特徴は利用客の喫煙率の高さ。中国・四国地区75%、九州69%といった地域もあり、全国平均は63.8%にも達する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る