屋内禁煙で危機に陥るのは飲食店だけじゃない

公開日: 更新日:

 健康増進法改正案をめぐる修正議論では、喫煙可能とする飲食店の規模ばかりが焦点となっている。サービス業に関してはひとくくりで一律「原則建物内禁煙」で、見直しの機運もない。

 こうした状況に危機感を強めているのが、小規模営業の店舗が多い麻雀業界だ。麻雀店舗は全国に9626店舗(許可店舗数)あり、業界規模は520億円、遊技人口は約600万人とされる(2015年データ)。サラリーマンや高齢者らの憩いの場となっているのだ。厚労省案では「屋内禁煙」(喫煙専用室設置可)となっていて、特例措置はない。

 全国麻雀業組合総連合会がこのほどまとめた「受動喫煙防止対策が麻雀店営業に及ぼす影響についての調査」(対象は全国の600店舗)によると、1店舗当たりの平均卓数は8・6卓で営業面積にすると50~70平方メートルと小規模だ。最大の特徴は利用客の喫煙率の高さ。中国・四国地区75%、九州69%といった地域もあり、全国平均は63.8%にも達する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る