ついに「家庭内制限」にまで踏み込んだ小池新党の危うさ

公開日: 更新日:

 健康増進法改正案をめぐる厚労省と自民党のせめぎあいが続くなか、いつの間にか受動喫煙対策が6月23日告示の東京都議選の争点になりつつある。公共施設などの受動喫煙防止条例を自民、公明、民主、共産の主要各党が公約に入れ、小池新党に至っては「子どものいる自宅での喫煙制限」にまで踏み込んだ。いったい、何が起きているのか。

 東京五輪開催をめぐる諸問題、築地市場の豊洲移転問題、待機児童問題、首都圏直下地震に向けた防災強化、横田基地へのオスプレイ配備問題など、都政には市民生活に直結した大きな政策テーマがある。課題が山積しているのに、ここへきて、なぜか「受動喫煙」がクローズアップされている。

 25日には、いち早く条例化を打ち出していた小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が、受動喫煙防止対策の詳細を発表した。受動喫煙から子どもを守る条例と、公共施設や飲食店の屋内を原則禁煙とする罰則付きの条例の制定を盛り込んだのである。この中で、「子どもをたばこの煙から守る」として、家庭内や公園、通学路、子どもが同乗する自動車の中などで喫煙を制限し、一部で罰則を設けることも検討するという。ついに家庭内にまで規制の網をかけようというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天