やり取りは常に“ですます調” 不倫の達人はLINEを使わない

公開日:

 ドキッとする。

 インターネット広告大手「インタースペース」が先月実施した「いまどきママのLINE事情」調査によると、子育て中の女性の34.9%、3人に1人以上が夫のLINEをこっそりチェックしたことが「ある」と回答した。「20代以下」の妻に限ると54.6%、2人に1人以上だ。

 理由については「何となく気になって」「怪しかった」「妊娠中や里帰り中に女性関係が心配」などの声が多く、夫の入浴中や就寝中にこっそりのぞいているらしい。

 それで浮気の証拠を発見され……男女の問題に詳しい作家の加藤文果氏は、「男性より女性の方がLINEを使い慣れていますし、まずチェックされていると思って行動した方がいいですよ」とこう続ける。

「あるダブル不倫カップルの話ですが、LINEでは必ず“です・ます調”でやりとりする。お互いに〈あの店、おいしかったね。また会いたい〉なんて恋人メッセージは絶対に送らない。〈リーズナブルなお店でしたね。今後ともよろしくお願いします〉と仕事上の関係を装うそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る