やり取りは常に“ですます調” 不倫の達人はLINEを使わない

公開日:

 ドキッとする。

 インターネット広告大手「インタースペース」が先月実施した「いまどきママのLINE事情」調査によると、子育て中の女性の34.9%、3人に1人以上が夫のLINEをこっそりチェックしたことが「ある」と回答した。「20代以下」の妻に限ると54.6%、2人に1人以上だ。

 理由については「何となく気になって」「怪しかった」「妊娠中や里帰り中に女性関係が心配」などの声が多く、夫の入浴中や就寝中にこっそりのぞいているらしい。

 それで浮気の証拠を発見され……男女の問題に詳しい作家の加藤文果氏は、「男性より女性の方がLINEを使い慣れていますし、まずチェックされていると思って行動した方がいいですよ」とこう続ける。

「あるダブル不倫カップルの話ですが、LINEでは必ず“です・ます調”でやりとりする。お互いに〈あの店、おいしかったね。また会いたい〉なんて恋人メッセージは絶対に送らない。〈リーズナブルなお店でしたね。今後ともよろしくお願いします〉と仕事上の関係を装うそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る