1人参加こそチャンス 結婚式2次会での「声かけの手順」

公開日:

 来月はジューンブライド。この時期から秋にかけて結婚式が増える。

 先日、独身の友人と結婚式の話題で議論になったのが、“内輪婚”の2次会に参加するか否かだ。友人は「昨年、社内婚の友人の2次会に立て続けに誘われたけど、部外者だから“内輪”ノリに馴染めなくて。今年も誘いがあったけど断ってしまった」と言ったが、実はこういう悩みを抱える男女は少なくない。かくいう記者も人見知りで、共通の友人がいない時は内輪ノリについていけず、披露宴でたらふく食べたのに時間を持て余し、ビュッフェコーナーを何度も往復したことがある。

 2次会は出会いの場というけれど、ひとりは気が引ける。だが、「アウェーだから仲良くなれるチャンスもある。フリーなら行った方がいい」と言うのは、日本合コン協会会長の絵音氏だ。独身の場合、2次会に来ている時点で、参加者のほとんどは出会いを求めている。断られにくい環境だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る