金曜に買って月曜に売る 勝率71%で儲ける波乱相場“必勝法”

公開日: 更新日:

 年初からの波乱相場で個人投資家の腰は引けている。何しろ、この間の日経平均は、高値が1万8951円(1月4日)で、安値は1万4865円(2月12日)。値幅は4086円に達する。乱高下を繰り返し、素人には手を出しづらい相場だ。

「実は、どんな相場にもリズムは存在します。それを知れば、いまのジェットコースター相場でも十分に勝てます」(証券アナリスト)

 いま兜町筋で超話題なのが“曜日アノマリー”だ。アノマリーとは、合理性はないが、よく当たる経験則のこと。ジンクスみたいなものだ。

「今年は月曜日に株価が上昇するケースが圧倒的に多い。2月は例外なく値上がりし、1月末から5連勝中です。逆に水曜は4連敗、金曜日は3連敗しています」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 年初から、きのう(24日)までの日経平均の勝敗を調べたところ、月曜日が5勝2敗とダントツだった。火曜と水曜は2勝6敗で、木曜は1勝5敗、金曜が2勝5敗となっている。何と、勝ち越しは月曜だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る