山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

「小田原エンジニアリング」中国NEV規制スタートが追い風

公開日: 更新日:

 米中通商協議は、合意する可能性が高まってきた。それを好感して中国関連株が幅広く買い直されている。半導体や工作機械、電子部品株などがその中心だが、ここにきてEV関連株もようやく動意づいてきた。

 中国では、今年から自動車メーカーに対し、EVとプラグインハイブリッド車(PHEV)の生産を一定比率で義務付ける新エネルギー車(NEV)規制がスタート。比率は今年はざっくり10%、来年は12%である。本来は昨年から導入する予定だったが、内外の自動車メーカーの反発を考慮して中国政府は1年間延期していた。

 中国ではこのNEV規制に対応して、昨年はEVとPHEVの販売が前年比62%増の125万台と激増。規制が適用される今年も大幅増が見込まれている。

 小田原エンジニアリング(6149)はモーター巻線機で世界2位のシェアを持つ。EV向けモーター巻線機でも世界トップを争う位置につけているとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る