山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

「ヤマハ発動機」悪材料出尽くしで大きなリバウンド狙える

公開日: 更新日:

 米通商代表部のライトハイザー代表が今月中に来日する見通しとなった。日本側がTAG(物品貿易協定)と名づけ、米国側はFTA(自由貿易協定)と主張している貿易交渉を開始することが目的だ。

 そうなると、米中和解ムードの高まりで上昇してきた日本株に再び悪材料が飛び出しかねない。日本は昨年末にTPP11、そして2月1日にEUとのEPAが相次いで発効。それにより、日本市場にEU諸国やTPP参加国が進出しやすくなる一方で、「米国の農家が著しく不利になる恐れがある」とライトハイザー代表は先月27日に議会証言している。

 日本は農産物や革製品など一部を除いて、工業製品の関税を撤廃している。そのため、EUに比べて米国が貿易交渉で付け入る余地が少ない。トランプ大統領の自動車や自動車部品に追加関税をかけるという脅しも、米国の安全保障を脅かすという言いがかりに近い理由からである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る