櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「ファンデリー」生活習慣病患者へ“健康食の宅配”で急成長

公開日: 更新日:

 ファンデリー(3137)に注目する。生活習慣病患者や予備群向けに健康食を宅配。医療機関などにカタログを配布し、無料紹介するビジネスモデルで成長してきた。

 メディカルフードデリバリー(MFD)事業は食事コントロールを通して血液検査結果の数値改善を目指している。従来の宅配サービスとは一線を画している。MFD事業の会員数は2018年12月末に約23万人(前年同期比約1.6万人増)。順調な増加だ。昨年末、おせち販売に注力したことで客単価も向上した。

 マーケティング事業は食品メーカー、健康家電メーカー、薬品メーカーのマーケティング支援が中核。ミールタイム紹介ネットワークの活用、ファンデリー栄養士によるミールタイム顧客への商品提案や情報提供などさまざまなサービスを提案している。

 IoTメディアである「ポイント家電」事業ではプラズマクラスター洗濯乾燥機など対象家電が増えることで収益性が高まってきた。新たな事業分野のメディア事業に期待感は高い。埼玉県本庄市で新工場建設も決定しており旺盛な需要の継続が予想されている。主要顧客としている生活習慣病患者は年々増加傾向。少子高齢化の進展で65歳以上の高齢者のみの世帯が増加するなど市場の成長が見込める環境だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る