「廣済堂」MBOをめぐりHIS・澤田HDら役者がそろってきた

公開日: 更新日:

 安倍晋三首相の「悪夢のような民主党政権」発言に対し、痛いところを突かれたようで、立憲民主党会派の岡田克也氏が激しく非難している。安倍さんも第2次政権発足以来、「他の政権よりまし」との理由が支持率の支えになっており、多少配慮もあってよいのでは?

 当欄で2年強フォローしている廣済堂(7868)。ベインキャピタルが46%のプレミアムを付け610円でのTOBを公表したが、PBR0.5倍台のTOBに対する苦情が殺到したとみえ、急きょ苦情に対する回答を公開した。

 最初に印刷業の困難な事業環境を語っているが、前3月期のセグメント利益で見ると、印刷を含む情報部門はわずか1.17億円。対して葬祭業は25.23億円で、主力は葬祭であり、あまり特徴のない印刷業の収益改善は期待薄のはず?

 注目の火葬場を営むグループ企業の「東京博善」は、高齢化に伴い葬儀参列者が減少し、家族葬での簡素化も進み、今後の成長は期待しづらいとしている。葬儀会場は指摘の通りだが、都内6カ所の火葬場を独占しており、今後も火葬場の新設は不可能。地方出身の団塊世代が、年老いた親を首都圏に呼び寄せることが増え、東京での火葬炉順番待ちは、ますます長期化するはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る