月収40万円だって可能「Uber EATS」で効率よく稼ぐコツ

公開日: 更新日:

 アプリで地元の飲食店から好きなメニューを選べば、配達員が届けてくれるというサービス「Uber EATS」。従来のデリバリーサービスと違うのは、配達員が飲食店の店員ではなく、アプリに配達員登録をした人たちだということだ。現在、学生やサラリーマン、主婦などさまざまな人が活躍しているが、自転車や原付があれば誰でもできる人気の副業となっているのである。

 では、このUber EATSで一体どれくらい稼げるのだろうか。日本でサービスがスタートした2016年から配達員として活動している尾崎浩二さんに話を聞いてみた。

「目安としては、20件の配達で1万5000円ほど。稼いでいたときは、20件達成でもらえるインセンティブが5000円ついて、合計2万円ほどという日も。月に35万、40万円と稼いでいる人もいます」

 配達員のギャラは、店から配達先までの距離による。自転車で20分くらいの距離を配達すれば、500~800円というのが基本報酬で、それ以外に「ブースト」「インセンティブ」がある。これを利用すればうまく稼げるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る