ボウリング場もスクール系も…シニア割で心身を若々しく

公開日: 更新日:

 サザンの桑田佳祐の影響でもあるまいが、ボウリングは根強い人気がある。調べてみると都内だけでもまだまだたくさんのボウリング場が営業中。一方、人生100年時代、定年世代の「学び直し」が注目される中、スクール系のシニア割はあるのか? 探ってみた。

  ◇  ◇  ◇

【ボウリング編】

 学生の街・高田馬場の2つのボウリング場はシニアにもやさしい。

 戸塚公園入り口近くにある「シチズンプラザ」は1ゲーム一般600円のところ、60歳以上のシニアは平日17時までに限り350円。

 JR高田馬場駅前BIG BOX8階の「高田馬場グランドボウル」も平日の17時までに限り、1ゲーム一般650円のところ60歳以上のシニアは350円に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る