ファンダメンタルズは好調「ビジョナリーHD」でリベンジ

公開日: 更新日:

 脳科学者の茂木健一郎氏が、NHKの番組を評して、芸能村の内輪ネタが多く、もっと社会性のある、世界に開かれた題材を提供すべきだと指摘している。NHKは、一般から高額な受信料を強制的に徴収し、公的な性格の強い番組を提供する義務があり、茂木氏の批判も的を射ているが、目を覆いたくなるのが民放の昼からのニュースショー。

 先日も日産のゴーン前会長の保釈の瞬間を捉えようと、小菅の東京拘置所の入り口にカメラの焦点を当て、キャスターいわく、「緊張が高まります。時間がかかっているのは、保釈金を数えているのでしょうか?」。ゴーン氏が出てくるのは時間の問題で、緊張が高まっているのは、テレビ局だけ。保釈金の支払い方法は不明だが、仮にキャッシュとしても、高額の受け渡しは、脱税絡みでなければ、枚数を数える必要がない日銀の帯封がかかった1000万円の束か、1000万円10個を束にし、ビニールのかかったパックが使われる。優秀な学校を卒業された方々も、芸能村の内輪話ばかりを追っていると、母国語も怪しくなりますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る