櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「アイリッジ」新投資テーマ“O2O”関連のど真ん中銘柄

公開日: 更新日:

 IT技術の革新により、世の中が大きく変わりつつあることを実感されている方は多い。車が空を飛び、ロボットは労働を代行する。ややこしい推理はAIが担ってくれるし、データの活用も万全だ。それが未来社会。つまり「楽に楽しく」の実現のための企業努力や研究開発が行われているということ。明るい未来のために、資本面で応援している株式市場は案外悪くないという思考法だ。

「テクノロジーを活用して、わたしたちがつくった新しいサービスで、昨日よりも便利な生活を創る」。このミッションで成長しているのがアイリッジ(3917)だ。

 同社は位置情報を活用したO2Oプラットフォーム「popinfo」の提供をコアサービスに、数多くの大手企業の公式(販促・集客)O2Oアプリの開発を手がけている。

「popinfo」を搭載したアプリのエンドユーザー数は昨年1億3000万を突破。日本最大級のO2Oプラットフォームだ。企業のスマホマーケティングへの取り組みは拡大し、「相鉄アプリ」などに導入。金融機関向けアプリへの導入も地銀から信金に拡大し、幅広いシーンで利用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る