「投資信託」人気商品トップ3の“強み”と“注意点”

公開日: 更新日:

 数ある投資信託の中から本当にいい商品を探すのは簡単ではない。ひとつの参考になるのが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」だ。証券会社の宣伝に惑わされず、本当にいいと思う商品を投信ブロガーが選ぶイベント。その結果は毎年発表されているが、2018年版が1月に公表された。

 20位まで(20位が同点で21本)が公表され、上位には、低コストで世界株の指数に連動するインデックスファンドが並んだ。1位は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」。日本を除く先進国の株式を対象とする指数「MSCIコクサイインデックス」に連動する商品だ。

 先進国の株式に手軽に分散投資できるにもかかわらず運用コストである信託報酬は、年率0・11772%以内(税込み)。同じ指数に連動する商品には0.7%を超えるものもあるので、いかに低コストかわかる。ブロガーのコメントにも低コストを評価する声が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る