17年度はリターン約5% GPIFのポートフォリオをマネる

公開日: 更新日:

 投資で安定的な利益を狙うには、複数の資産に分散するのが王道。とはいえ、何をどう組み合わせればいいのか、初心者には判断が難しい。そこで参考になるのが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の資産構成だ。GPIFは日本の公的年金資金を運用する機関で、その額は約151兆円に上る(2018年12月末)。

 GPIFは14年10月に資産構成を見直し、現在の基本配分は国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%となっている。その後の運用実績は、14年度から17年度までの平均で年率約5・3%。

 GPIFの資産配分をマネして投資信託を購入するだけで、これに近いリターンが狙えるというわけだ。仮に年平均5%のリターンが確保できれば、毎月3万円の積み立てで10年後には約462万円(税込み)が確保できる。利益からは20・315%の税金が差し引かれるが、つみたてNISAなどの非課税制度を利用すれば回避可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

もっと見る