藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「デジタルハーツ」エンタープライズ事業に10倍成長見込む

公開日: 更新日:

 先週の日経平均株価は、想定以上に堅調相場となりました。米中貿易協議が進展するとの思惑と、中国の経済指標の改善傾向が明らかになったことで、世界的な株高となったことが原因です。しかし、バイオ関連銘柄の急落などもあり、東証マザーズ指数は一時急落するなど、個人投資家にとっては儲けにくい相場となっていました。

 今回は、会社が大きく変革し、株価数倍高が期待できる銘柄を紹介しましょう。ゲームソフトの不具合検出(デバッグ)がメインビジネスの「デジタルハーツホールディングス」(3676、東証1部=投資金額約13万円)です。

 ゲームに精通した約8000人という豊富な人的リソースで、ゲームデバッグ市場において、圧倒的なシェアを持っており、年率数%の安定成長を果たしています。しかし、市場規模自体が小さいこともあり、爆発的な成長は望めません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る