野方「ばらーど」コーヒーやサンドイッチから伝わる心配り

公開日: 更新日:

 この企画は必ずコーヒーやフードメニューの写真が掲載される。通常、取材の途中で店主に「ご自慢の一品を撮らせてほしいのですが」とお願いして用意してもらう。

 野方の「ばらーど」は心配りあふれる店だ。取材でお邪魔すると、自慢のサンドイッチとホットドッグが出てきた。「手回しがいいなあ。撮らせていただきますね」と言ったら、店主の西島静壹さんは「取材に来られるから用意しただけなんですよ。撮影用に作ったんじゃなかったんです」と言った。

 西島さんは福島県出身。1961年、東京に出て、有楽町の“本場”で修業した。

「コーヒーの神様といわれた罇広志さんのお店です。娘さんは女優のもたいまさこさん。一時期、居候させてもらっていて、当時10歳くらいだったまさこさんと朝食を一緒にしたりしました」


 師匠に対する尊敬の念は今も強い。指導はないから、何人もいた弟子は罇さんの技を真似る。しかし味はバラバラ。「『どの入れ方が正解なのでしょうか』と師匠に聞いたら殴られました。『余計なことを考えるな。おまえが一番俺の入れ方に近いのだから』って」と昨日のことのように話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る