神保町「ラドリオ」初代店主の心配りが生きる路地裏の名店

公開日: 更新日:

 さして詳しくない人でも「喫茶店の聖地は神保町でしょ」などと口にする。それは今回紹介する「ラドリオ」や、以前紹介した「さぼうる」といった老舗の存在が大きい。ラドリオは戦後間もない1949年創業。今も当時のたたずまいだから、「古くからある=聖地」という等式が成り立つのだろう。

 重厚な扉を開くと、中は山小屋風。創業当時にはやっていた柱やれんがを使うハーフティンバー様式の内装が広がる。カウンターの中の作り付けの木製扉、凝った飾り彫りが施してある棚……。陳腐な表現だが、確かに「昭和レトロ」に触れられる。とはいえ、それだけで客は足を運び続けない。

「初代店長で20年ほど前までお店に立ち続けた臼井愛子さんの影響が大きいのでしょうね。『あの頃、愛子さんから非常に良くしてもらった』と言って、ふらっと立ち寄られる方が多くいらっしゃいます。ラドリオで働いて8年ですが、こういう方々を大事にしないといけないなと思います」と、2年前から店長を務める篠崎麻衣子さんは言う。

 ラドリオのようなオンリーワン喫茶店ブームはなお続いている。

「その流れに乗って、ちょっとのぞいてみようとやってきたお客さまが、その後、常連になったりしているんですよ」

 ラドリオでは常連客の新陳代謝が起きているわけだ。常連客はオンリーワン喫茶店の生命線のひとつだが、「なじみのお客さまが一人また一人と減って……」と嘆く店主は多い。それなのに、ラドリオで、ほかがうらやましがるだろう好循環が起きているのはなぜか。

■ウインナコーヒー発祥の地

 名物はウインナコーヒー。もともとコーヒーが冷めないようにと愛子さんがコーヒーの上にたっぷりのホイップクリームを浮かべたことが始まりなのだが、これが日本初のウインナコーヒーとして知られる。

 人気のフードメニューはナポリタン。やや麺が硬めで、タバスコと黒こしょうを利かせた味だ。

 しかし、厳しい言い方をすれば、いくら「日本初」とはいえ、ホイップクリームたっぷりのウインナコーヒーを毎日飲もうとは思わない。ナポリタンを名物とする喫茶店はあまたある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日