神保町「ラドリオ」初代店主の心配りが生きる路地裏の名店

公開日: 更新日:

 さして詳しくない人でも「喫茶店の聖地は神保町でしょ」などと口にする。それは今回紹介する「ラドリオ」や、以前紹介した「さぼうる」といった老舗の存在が大きい。ラドリオは戦後間もない1949年創業。今も当時のたたずまいだから、「古くからある=聖地」という等式が成り立つのだろう。

 重厚な扉を開くと、中は山小屋風。創業当時にはやっていた柱やれんがを使うハーフティンバー様式の内装が広がる。カウンターの中の作り付けの木製扉、凝った飾り彫りが施してある棚……。陳腐な表現だが、確かに「昭和レトロ」に触れられる。とはいえ、それだけで客は足を運び続けない。

「初代店長で20年ほど前までお店に立ち続けた臼井愛子さんの影響が大きいのでしょうね。『あの頃、愛子さんから非常に良くしてもらった』と言って、ふらっと立ち寄られる方が多くいらっしゃいます。ラドリオで働いて8年ですが、こういう方々を大事にしないといけないなと思います」と、2年前から店長を務める篠崎麻衣子さんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  5. 5

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 9

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る