神保町「ラドリオ」初代店主の心配りが生きる路地裏の名店

公開日: 更新日:

 さして詳しくない人でも「喫茶店の聖地は神保町でしょ」などと口にする。それは今回紹介する「ラドリオ」や、以前紹介した「さぼうる」といった老舗の存在が大きい。ラドリオは戦後間もない1949年創業。今も当時のたたずまいだから、「古くからある=聖地」という等式が成り立つのだろう。

 重厚な扉を開くと、中は山小屋風。創業当時にはやっていた柱やれんがを使うハーフティンバー様式の内装が広がる。カウンターの中の作り付けの木製扉、凝った飾り彫りが施してある棚……。陳腐な表現だが、確かに「昭和レトロ」に触れられる。とはいえ、それだけで客は足を運び続けない。

「初代店長で20年ほど前までお店に立ち続けた臼井愛子さんの影響が大きいのでしょうね。『あの頃、愛子さんから非常に良くしてもらった』と言って、ふらっと立ち寄られる方が多くいらっしゃいます。ラドリオで働いて8年ですが、こういう方々を大事にしないといけないなと思います」と、2年前から店長を務める篠崎麻衣子さんは言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    閉店コンビニを改装「1日1組限定」ミニ葬儀場がはやるワケ

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る